まったりレゴライフ

 JOKERがレゴについて語るブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

60034「Arctic Helicrane」を購入

今月から新製品ラッシュとなりましたが、良セットが多くて堪りませんね。
そんな中で私が購入したのは、アークティックシリーズのカーゴヘリです。
0040-1.jpg
元々ヘリは好きで、特にカーゴヘリは色々遊べそうでいいなと思っていました。
クリエイターの「4995 カーゴヘリ」と、
ダイノの「5886 T-REXハンター」は食指が動いていたのですが、
最終的な決め手に欠け、見送っていました。
今回購入に至った決め手は、私の好きなオレンジカラー、犬ぞり、
一体成型のコクピットパーツ、そして3000円弱という価格でした。

それでは、製品と気になった点などを紹介します。



0040-2.jpg
カーゴヘリの特徴であるウインチですね。
指での巻き取り式ですが、やや重い感触です。
このコンテナも、もう少し大きくしてみようと思います。
重機なんかも持ち上げさせてみたいですね。

0040-3.jpg
コクピット後方です。
この窓一つでリアルさが増しますね。
ここに連結するキャビン型コンテナも作る予定です。

0040-4.jpg
コクピットです。
この一体成型パーツは私的にはアリですね。
スロープを中途半端に組み上げるよりは良いと思います。
何より屋根と側面の小窓がイイ感じです。
シートの後ろに使われている窓パーツがもったいないので、
側面に移動させる予定です。

0040-5.jpg
既に少し手を加えています。
まずはフロントの脚ですが、セットのままですと1ブロック分低くなっています。
ここに逆スロープをかまして機体が水平になるようにしました。
位置も好みで前後に調節できるのでオススメです。
もう一箇所は、コンテナの天井が当たる部分にオレンジのプレートを付けました。
コンテナが安定し、隙間隠しにもなります。

0040-6.jpg
バリエーションとして、タイヤVer.も作りました。
板を付け替えるだけなので、こちらもオススメです。

0040-7.jpg
以前作った大きめのコンテナを連結してみました。
こうして見ると、コクピット全体の位置を少し下げてみても良さそうですね。

0040-8.jpg
今回のアークティックで注目されている犬ぞりです。
新規造型の犬がやはりイイですね。
連結方法も面白いですが、そりの方はレゴらしい適当感があります。
犬ぞりはもう少し犬を増やして、一から組み直したいと思います。
購入してから気づきましたがフィグは女性なんですね。
上着がオレンジなのでフードもオレンジにして欲しかったです。
そういえば旧アークティックのフィグもお気に入りで、
30人くらい所有していたのですが、全部ヤフオクで放出してしまったのが悔やまれます。
まさかこんな良シリーズとなって復活するとは思いませんでした。
観測基地とか砕氷船とか堪りませんね。

0040-9.jpg
「以上、製品レビューでした。次は改造編でお会いしましょう。」
スポンサーサイト
製品購入レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「Arctic Helicrane」改造編 | ホーム | Arealight 新製品より>>

コメント

おおっ 犬ぞりのために 60036 スノーベースキャンプとクローラードリル を買おうかと思ってたんですが、ヘリキットにも犬ぞりついてたんですね!!
確かに3000円弱というお値段は魅力的です。

この手のコックピットパーツが最近流行ですが、トレイン系と共通でいけるようなのが出てきてくれたらなぁ、といつも思います(^^;
飛行機の類はトレイン以上に場所をくうので、なかなか広げることができず、また撮影にも使いにくいという問題があり、どうせだったらトレインに化けてくれるほうがありがたいという勝手な事情からですが。

しかし犬ぞりの連結方法がマトリックスみたいですね(^^;
ちょっとサイバーすぎてついていけません。
クリップパーツにヒモつけておくとかじゃダメだったんでしょうか。
ガッチャン方式は怖すぎます。
2014-07-14 Mon 08:52 | URL | かう゛ぇ [ 編集 ]
犬四匹は決め手の五割くらいを占めてますね(笑)。
そりへの連結方法は面白いのですが、ちょっと大げさですよね。
でも紐だけだとリアルな反面、移動や設置が面倒なので、
新たに作る際にはゴチャゴチャしない程度にカッチリ組みたいと思います。
ちなみに現在ワンコは10匹に増えました(笑)。

コクピットパーツのトレイン転用は私も考えました。
変に知識が無い分、これでも違和感が無いと思いました。
ヨーロッパのどこかの高速鉄道にあってもおかしくないかなと。
実在車両とかを意識しなければ、
旅客機の機首パーツなどのトレイン転用も全然アリですね。
ちなみにこのヘリですが、結構大きいです。
私が今まで購入・製作した中でもなかなかの大きさです。
小型化も考えましたが、このヘリの特性上この程度が適正でしょうね。
現在改造中ですが、数ポッチの短縮にとどまってます。
実在機などを調べてみて改めて思いましたが、よく出来た製品です。
改造編でその辺りも触れてみます。
2014-07-14 Mon 13:24 | URL | JOKER [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。