まったりレゴライフ

 JOKERがレゴについて語るブログです

トラムのレストラン

0036-1.jpg
前回のオフ会でケーブルカーを引っ張り出した時に、
以前から気になっていたトラムを作ってみよう思いました。
トラムには少々思い入れがあり、
小さい頃に読んだ「いたずらでんしゃ」という絵本が大好きで、
数年前に、その絵本もまた購入してしまった経緯があります。
ちなみに絵本では、失敗の多い主人公のトラムが、
レストランにされると脅されるシーンがありますが、
そのアイデアも面白いと思い、こちらでレストランにしてみました。



0036-2.jpg
電車自体は絵本のものとはまったく違います。
とりあえず画像検索して、なんとなくそれっぽく作りました。
カラーはケーブルカーとかぶらないようにしようと思いましたが、
やはり絵本のイメージからイエローは外せませんでした。
後部の階段は、当初数時間かけてプレートを螺旋状にして作りましたが、
パーツ箱からこの階段を発見した途端、御役御免となりました。
大味とは思いますが、この電車にはピッタリだと思います。
左側面にはバケツやらモップなどを取り付け生活感を出しました。
後部には水やガスのタンク、そして謎のエンジンもあります(笑)。

0036-3.jpg
内部には、キッチン・冷蔵庫・レジ・テーブル席などがあります。
そして移動も可能なので運転台もあります。

0036-4.jpg
アクションイメージです。
宮崎駿っぽいカーチェイスを意識してみました。
謎のエンジン搭載でレールがあれば(無くても?)どこでも走って行けます。

その他の画像です。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=544024

スポンサーサイト
自作品 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<センチネル | ホーム | ターレットトラック>>

コメント

紹介遅れてすいません。
記事書きながら思ったのは、思ったよりも「大物」。

二階市電がモチーフということで、今も健在の香港の二階電車とか思い出してしまいました。或いは創業時の大阪市電の二階電車とか。

でも、真骨頂は最後の1枚ですね!

こんな雰囲気の「マンガ映画」が消滅してる現状は残念でなりません……。

 褒め倒しも何なので、最後にちょっとだけご意見出しておきます。
 この種の古めの電車の場合、前面窓は2x3新型窓x3の方がおそらく雰囲気が出ます。大型キャノピーだと時代考証が合わないような(改造車って設定ならありですが)。
 側窓もトレイン窓より、家用の窓(四隅が角)の方が古い電車っぽくみえますが如何でしょうか?
2014-06-15 Sun 23:08 | URL | 関山 [ 編集 ]
レスありがとうございます。
ダブルデッカーにしたのは、やはりレストランなら良い席になりそうだと思ったからです。
資料集めに色々調べましたが、味のある車両が多かったです。
二階車両はまだ乗車経験が無いのでいつか乗ってみたいですね。
アクションシーンはニヤニヤしながら撮影してました(笑)。
それなりに面白くできたかなと思います。
ご提案も参考になりました。
フロント処理は迷いましたが、中がよく見えるという理由で大型窓にしました。
オープンでも良かったんですが、枠付のウインドウパーツもいいですよね。
側窓も合わせて手持ちが無かったので、そのうち試してみようと思います。
2014-06-17 Tue 11:17 | URL | JOKER [ 編集 ]
この階段パーツがミソですね(^^
階段パーツの見立てがあって出来上がったのかな、と思ったら、先にプレートパーツで組んで、階段パーツが出てきてぴったりってまさに神業。

前後のピラーが丸プロックを重ねただけなのにすごく雰囲気があって驚きました。
これも見立ての技というんでしょうか、さすがだな、と。
さらに上下の濃緑のカーブスロープがデザインの良さを際立たせてますね。
しかもこれ、この幅でないとできないぴったり感が完成度を高めて見せてる気がします。
すごいです!
2014-06-28 Sat 09:59 | URL | かう゛ぇ [ 編集 ]
レスありがとうございます。
当初のプレートの螺旋階段はリアルだったんですが、
このモデルにはちょっと仰々しくて微妙なところでした。
ですが、この技術はどこかで応用できると思うので、無駄ではなかったと思います。

ピラーは正直ちょっと安易かなと思っていました。
細いバーにしようか迷いましたが、
この方が全体的なフォルムの安定感はあるかなと思います。

8幅は当初から決めていました。
側面1・テーブル2・通路2のポッチ幅が前提でした。
ダークグリーンも結構最初から決めていたと思います。
この色は自分の中で特殊パーツが多いイメージですが、
意外と乗り物に合うものが多い気がします。

実はこの手のトレイン情景モデルがもう一案あるので、
余裕があれば手をつけようと思います。
2014-06-29 Sun 20:07 | URL | JOKER [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |