まったりレゴライフ

 JOKERがレゴについて語るブログです

静岡鉄道1000系

連休で色々撮影できたので、またちょこちょこ更新していきます。
118-01.jpg
前々から通勤型の電車を作りたいと思っていたのですが、
シカゴの高架風景が気に入っていたので、
シカゴ鉄道のステンレス車両を作り始めたところ、
貫通扉があるタイプは運転士フィグが乗せられないと思い断念しました。
ただステンレス車両は作りたかったので、どうしようか考えているうちに、
地元にある静鉄1000系を思い出し、急遽そちらを作る事にしました。



118-02.jpg
静岡鉄道・静岡清水線は、清水市で生まれ育った私には、結構馴染み深い鉄道です。
小さい頃は何と言っても、今は無き狐ヶ崎ヤングランドの思い出が大きいです。
駅から出てすぐに遊園地というロケーションはものすごくワクワクしました。
確か入り口付近の潜水艦には絶対乗っていましたね。
中高時代には総合運動場や桜橋をよく利用していました。
ちなみに桜橋駅近くには、ちびまる子ちゃんに出てくる駄菓子屋がありました。

118-03.jpg
シンプルなフォルムかつ二両なので作るのも楽でした(笑)。
現在ではカラーラインが入ったり、派手な広告車両になったりしているようですが、
これは初期のまっさらステンレスです。

118-04.jpg
そういえば、ビーバップハイスクール実写版では清水がロケ地になっていて、
電車内での乱闘から巴川にダイブするシーンではこの鉄道が使われていました。

118-05.jpg
中はこんな感じです。たくさんフィグを乗せて生活感を出そうとしています。
今のところディスプレイ用なので動力を入れる予定はありません。
後に電車が必要な情景を作る予定です。

↓その他の画像です。
Brickshelf

スポンサーサイト
自作品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ミニフィグシリーズ14を購入 | ホーム | 1782「Divers Discovery Station」のメカを漂白・手直し>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |