まったりレゴライフ

 JOKERがレゴについて語るブログです

カスタムショップ 「Brick Forge」

0011-1.jpg
カスタムショップの「Brick Forge」の紹介です。
恐らくカスタムパーツショップでは最大手だと思います。
お城をメインに、コンバットからSF系、キャラもの、日用品まで、
その数は多岐に亘ります。
ここの商品ページを眺めているだけでも面白いでしょうね。
目の付けどころやデザインが絶妙なのか、
公式セットでもこちらの商品を参考にしたようなパーツも見受けられます。

では、私が購入したパーツと併せて紹介していきます。




0011-2.jpg
まずは、このショップと言えばやはりこのスクーターが挙げられるでしょう。
旧二輪バイクが好きな私としては、この大きさが安心できますね。
スクーターという手軽な乗り物もシティシリーズにしっくり同化できると思います。
当初は単色のみでしたが、後にペイントモデルも登場しました。
タイヤまでカラフルにするところがニクいですね。
惜しいのは上手く立たせられないところですね。
旧二輪バイクのように底にポッチ穴があれば良さげなんですが。


0011-3.jpg
次は、ミリタリー系です。
SWAT系を揃えようとロゴ入りヘルメットとベストを購入しました。
別パーツのベストはペイントされたトルソーとはまた違う良さがありますね。
SWATの他にも様々な文字や模様がペイントされたものがあります。
0011-4.jpg
一番左は迷彩塗装のパーツで「エイリアン2」のヒックス伍長を作ってみました。
また、ヘルメットに取り付けるパーツにもいくつか種類があります。


0011-5.jpg
お城系です。
冒頭でメインはお城系と書いておきながら、
個人的にお城は公式含めそれほど揃えていないのが申し訳ないところです。
ただ、武器・防具・その他装備は他の追随を許さないほど充実しています。
画像の左から二体は、現在でこそ公式でも似たパーツがありますが、
購入当時はやはりインパクトがありましたね。
右のケンタウロスパーツもそう来るかと衝撃的でした。
ケンタウロスは後にプリントモデルも発売されています。
※画像中のBrickForge製品は、左(兜・槍・盾)、中(兜)、右(盾・下半身)です。


0011-6.jpg
続いてキャラクターものです。
左はゴーストバスターズですね。
背中のプロトンパックと銃、ヘッドスコープがカスタムパーツです。
造型も素晴らしいですね。バックパックと銃にはポッチジョイントがあります。
ヘッドスコープは軟質ゴム製で、取り付けには自由度があります。
中二体はX-MENのウルヴァリンです。
このマスクはファンならかなり欲しいのではないでしょうか?
公式セットでは、マスクを脱いだ状態だったのでこのフォローは嬉しいです。
ちなみに公式フィグのトルソーの背中に脱いだマスクがプリントされています。
黒い方はX-FORCEバージョンのマスクです。
右は、キャプテンアメリカのコスチューム無しパターンですね。
ヘルメットと盾がBrickForge製品です。
映画中盤で、捕虜救出作戦に出た時の格好です。
このパーツは当初スルーをしていましたが、
映画を観てから欲しくなった時には絶版になっていました。
最近、まとめ売りのパーツパックで復活したので迷わず購入しました。


0011-7.jpg
こちらはSF系装備品です。
左はTVゲームのHALOのヘルメットです。
ヘルメットの他にも、ベスト型のアーマーや銃もパーツ化されています。
バイザーは取り外し自由で、カラーも数種類あります。
右はポールドロンという軟質ゴム製の肩当てです。
公式でも肩当てがありますが、
アゴが出ている形状のヘルメットはやや浮いてしまうんですよね。
このポールドロンは、ヘッドの下の丸い出っ張りに取り付けられ、
アゴの出ているヘルメットもフィットするので、首が長くならないのが良いです。
現在、公式は紙製にシフトしていますが、私はこちらの肩当てがお気に入りです。


0011-8.jpg
ヘッドパーツです。
ベタな髪型やヒゲもありますが、画像のモヒカンとポニーテールを購入しました。
ただ、思いの外使い勝手が悪いですね。他のカラーも購入しましたが使ってません(笑)。
中はベレー帽です。
グリーンベレーを作ろうと複数購入しましたが、赤や青でも一般人に活用できますね。
右はターバンです。
今まで丸いもっこりしたターバンや忍者頭巾はありましたが、
このタイプは無かったので、これを見た時はかなり欲しいと思いました。
また上の半球が外せるので、イスラムワッチとしても使える二度おいしいパーツです。


0011-9.jpg
楽器です。
エレキギター、アコースティックギター、バイオリン、ドラムスティックの四種です。
成型色とプリントも豊富にあります。
公式でもすこし前にギターが出ましたが、こちらの影響もありそうですね。
個人的には、管楽器方面も展開して欲しいですね。
オーケストラとか再現できたら面白そうです。


0011-10.jpg
ボトル系パーツです。
これまでトランス系のコーンや円筒ブロックを見立てていたので、
このリアルさにはちょっと惹かれましたね。
形状も、円筒・四角・三角・球形と揃っています。
中でも割れた瓶などは、やはり目の付けどころが素晴らしいです。
怪しいプリントも不気味な研究所にピッタリ合うでしょうね。
ただ、個人的に公式の円筒ブロックやコーンも好きなので上手く併用したいです。


0011-11.jpg
その他の装備品です。
他店のBrickArmsには及びませんが、銃器も十数種類あります。
そんな中でも実銃のダネルNTW-20を出してくるあたりニクいですね。
SF系のチェーンソー付ライフルも面白いです。
トンファーやメリケンサックまであります。
サイや肉切包丁、バールなんかは公式も影響受けていそうですね。
そろそろゴルフクラブもフレンズなんかで出そうな雰囲気です。


以上、BrickForgeの紹介でした。
ザッと列記しましたが、正直紹介しきれていないですね。
それほどパーツの種類は豊富です。
と同時に、製作者の方は本当にレゴを愛しているのがわかりました。
非公式ではありますが、上手く共存していってほしいですね。
ただ、最近はプリントパーツがメインになっているのが、やや寂しいですね。
また面白い新規造型パーツにも期待しています。
スポンサーサイト
カスタムパーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続 2014 スターウォーズ製品 | ホーム | スターウォーズ マイクロファイターズ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |