まったりレゴライフ

 JOKERがレゴについて語るブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パチ ジャガーノート

0083-01.jpg
私のお気に入りキャラであるジャガーノートがパチで製品化してしまいました。
是非レゴで先駆けて製品化して欲しかったのですが、
ここしばらくはマーベルもアベンジャーズ押しなので無理だったようです。
少し前に「フューチャー&パスト」もありましたが、
下手に実写版で製品化されても困ります(笑)。
そんな訳でパチも気になってしまったので、とりあえず入手してみました。

0083-02.jpg
まず気になったのは、ペイントが恐ろしく雑だった事です。
腕のリングの端が未塗装ですし、全体に塗料が飛び散っていました。
まさにパチ、MADE IN ●HINAといった感じです。
飛び散った塗料は全部落とし、後述する顔も墨入れペンで修正しています。
ちなみに可動部分は首と肩、手首です。
首は左の画像くらい傾けるのが限界のようです。
どのような接続になっているか不明なので、これ以上は危険で動かしていません。
肩と手首は正規品同様ペグ接続です。

0083-03.jpg
これが本来の顔です(笑)。
なんともほのぼのした顔で購入するか迷いましたが、修正を前提に購入しました。
もっと加筆しようとも思いましたが、取り返しがつかなくなると困るのであの程度です。

0083-04.jpg
正規品との比較です。
以前に購入したハルクバスターとヴェノムはそこそこ良かったのですが、
このジャガーノートでやはりパチと再認識させられました。
まぁ造型自体はそこそこなので、やはりペイントが×という事でしょうね。

そういえば正規品でのX-MENって何気にキャラ少ないですね。
ウルヴァリン、マグニートー、デッドプール、サイクロプス、ストームだけでしょうか?
次はミスティークとガンビットあたりに期待したいです。

スポンサーサイト
カスタムパーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

76029「IronMan vs. Ultron」ざっくりレビュー

0082-01.jpg
スーパーヒーローズの新製品から、76029「IronMan vs. Ultron」を購入しました。
アベンジャーズ続編の情報はまだ見聞きしていないので、
キャラやメカもレゴで初めて知る事になります。
このセットはミニフィグ四体と飛行メカで約1500円でした。
飛行メカ自体はあまり特徴がありませんが、
ロボットフィグの取り付け方法が不気味で印象深いです。

0082-02.jpg
敵フィグは上半身と下半身を分けて飛行メカの随所に接続しています。
劇中ではどのように表現されているか不明ですが、
単純に分離・合体しているのか、液体みたいにズボッと出入りするのか気になります。
一見、いかにも子供の遊びみたいな雑さも感じますが、
妖怪や怪物みたいな雰囲気も感じられてアリかなと思いました。
と言うか、そもそもこのメカが登場するのかが不明です。
たまにレゴオリジナルって事もありますからね(笑)。

0082-03.jpg
付属のフィグです。
アイアンマンはマークいくつになるんでしょうか?ただ顔つきが悪いですね(笑)。
目元上のラインが不良の「あぁ?」みたいに見えます。
頬の部分はシルバーに塗り分けてあり、
同じパーツながら以前のアイアンマンとの差別化が感じられます。
ウルトロンは一個のみヘルメットが付属しています。
スターウォーズのシャドウトルーパーと同じメタリックの成型色がイイですね。
プリントもかなり精細でカッコ良いです。

以上、ざっくりレビューでした。
製品購入レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 |

摩天楼飛び越えて 遥かな時間の国へと

0081-01.jpg
アニメ「未来警察ウラシマン」より、マグナビートルとマグナチョッパーを作りました。
近年は微妙なカーブを表現したパーツが増えたので、
お気に入りのマシンだったマグナビートルに挑戦しました。
少し前に撮影をしたのですが、一部パーツを付け忘れて撮り直すハメになりました…。
では、ウラシマンの思い出も含め紹介します。

続きを読む
自作品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ダークサイド サイコバスターキャノン

0080-01.jpg
デカゴリラの装備を考えているうちに、ダークサイドの方を作ってしまいました。
そもそもダークサイドというキャラ自体知らなかったので、
サイコバスターキャノンというのも適当な妄想です。

0080-02.jpg
片手に大型砲というアイデアは以前からありましたが、
クリーチャー系よりもこういうキャラに合っているかなと思いました。
後から「るろうに剣心」の鯨波兵庫を思い出しましたが、
鯨波はマーベルキャラのアポカリプスがモデルのようです。
そのアポカリプスやサノスは、このダークサイドがモデルらしいです。
意図しないところで繋がりができて面白かったです。
私的にはレゴでデフォルメされたダークサイドは、
ドラゴンボールの敵キャラっぽく感じられますね。

0080-03.jpg
キャノンは当然、逆側の腕にも取り付けられます。
妄想では腕がグニャグニャと変形するイメージです。
デカフィグの腕を交換する遊びは結構面白かったので、
グリーンゴブリンやパチヴェノムなどでもやってみようと思います。

↓その他の画像です。
Brickshelf

自作品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウニモグを手直し

0079-01.jpg
以前作ったウニモグを直しました。
ちょっとした時間にレゴりたい時に手直しは丁度いいです。
ウニモグは「UNIversal-MOtor-Gerät」の略で、
様々な用途で使用されている自動車です。
ウニモグ ウィキペディア
最初に知ったのは「エリア88」という漫画で登場した時でした。
劇中ではアフリカ某国の大統領を逃がすために、
ウニモグに乗ってジャングルや山々を走破していきました。
その頃、タミヤから発売されていたプラモデルがオレンジカラーだったので、
今でもウニモグと言えばオレンジカラーを思い浮かべます。

0079-02.jpg
そんな訳で、とりあえずパーツはそのままに、
オレンジへとカラーチェンジのみを行いましたが、
意外とオレンジパーツが充実している事に気づき、
ルーフやフロントにウェッジやカーブを使いました。
さらにマッドガードやドアやエンブレムなども足しました。
右が約6年前に作った元モデルです。
こちらもシンプルで気に入っていたのですが、
今回のリメイクでより理想に近づいて満足しています。

0079-03.jpg
参考に画像検索しましたが、実に様々なバリエーションを発見したので、
そのうちそれらも作りたいと思います。

↓その他の画像です。
BrickShelf

自作品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。